未来の真ん中の足跡

今を、一瞬を、見つめ続けるために

2016年自分メモ 一切合切を文字に残す

今回は人様に読んでいただくためではなく自分の記録用としてキーボードに向かう。
思いついたことがあれば随時更新する自分のためのレポートだと思っているため読みやすさ・面白さには一切拘らない。脈絡もない。
初段階では薄っぺらいと思う。徐々に肉厚に。

2回続けて自分ゴトのエントリーとなりそろそろヤブゴトをしたためたいと常々思っているのだが、薮くんのこととなるとどうしても筆が慎重になってしまい下書きがたまるばかり。
ブログは文章の塊として残ってしまうからツイッターで刹那の感情を垂れ流すのとはやっぱり違う。私のような浅瀬でプカプカ浮いているようなオタクはツイッターの方が向いているんだなとブログを開設して半年経ったあたりで気づいた。まだ気楽に更新していた時の過去エントリーを読み返しても内容の薄さに猛省。
それでもせっかく薮くんの記録用として設けたブログ。2016年の振り返りのエントリーで早々に2017年も目標を掲げるのはおかしいかもしれないが、今年はもっと気楽にこのブログを更新したいと思う。

一応1年の総括らしいことを書けば、2016年、4枚のシングルと1枚のアルバムがリリースされた。今年の2月にはまたシングルが控えている。1年以上シングルがない時期を経験してるだけにこのペースの速さに舌を巻く。
もちろん嬉しいが「待ってましたー!」っていう感情はもう持てないのかと思うと寂しい。前はどんな様式であれ薮くんの歌声が聴けるのが嬉しいと感じていたが、こうも続けてリリースされるとなんだかなあ。「本当に待っているのはグループの新曲じゃなくて別のもの」っていう本音がどうしても出てきてしまう。
今年のシングルは私の中ではあまりヒットは無かったというのが正直な感情。どちらかというとアルバム曲の方が好みだった。
でもカプリングの『We are 男の子!』は好きだった。別にかわいい曲が特別好きなわけではない。でもこの曲は好きだった。
薮くんの「君が好きだよ全身全霊」は2016年ベストリリック大賞にノミネートは間違いなし。なんていうか…薮くんがこんな歌詞を歌ってくれるんだ!って純粋な喜び。
真剣SUNの薮くんのパートに物足りなさを感じていたから余計嬉しかった。
そして現場で思い入れは増す。まっすー考案の衣装がすごく好き。めちゃくちゃ可愛かった。いろんなテイストの衣装がそれぞれある中で薮くんのイメージを「おとぼけ可愛い(私談)」で表現してくれた増田先輩が偉大。そしてそんな衣装を纏って歌ってくれた男の子は可愛さの暴力。タンバリンシャンシャンしながらお尻フリフリする薮しゃんまじ幼女…。ダンスがずれてるところが気になったけどそこも含めて可愛かった。大サビの「考えすぎちゃう年頃です」でタン!タン!タンタンタン!のリズムで中央のメンバーから順にタンバリンを天に掲げるところが好き。薮くん一番端っこで最後に自信たっぷりの笑顔でタンバリンを掲げる薮くんが本当にかわいかった。結果、We are 男の子!大好き。
アルバム曲なら『Masquerade』と『RUN de BOO!』がぶっちぎりで好き。
マスカレは言うまでもなく薮くんセンター万歳曲。でもMVを見る前からビッグバンドサウンドがかっこいいな~と思っていて好きだった。この曲も現場で思い入れがさらに強くなった。やっぱり一発目の曲であっただけに印象も強い。赤い衣装もかっこいい。ただジャケットが翻った時にチラリと見える黄緑が少し残念。(あの黄緑ベストはどうにかならないのか!)一番の「Shall we dance my honey」で肩を揺らす薮くんがとってもかわいくて好きだったのに年末年始ではそれが見られなくて残念だった。でもその代わり二番の薮くんパートが聴けたのは嬉しかった!しかも手振りが最高。MVみたいにスクラッチみたいなことするんだろうな~と思って見ていたら彼はそんな使いまわしはしませんでした。長い御指を唇に当てて離す、それだけの動作に1曲目から大爆発。大サビはツアーも年末年始も本当にいい眺めだった。特に年末年始はJUMPを率いて先頭を歩く薮くんが、その景色が、煌びやかすぎて一生忘れたくないものがまた増えてしまった。
ランデブーは全体的にわちゃわちゃしていてきっとライブでは可愛い薮くんが見られるんだろうな~と思った。でもこの曲は可愛いだけじゃなくてかっこいい部分もちゃんとあってそのメリハリが良く効いてる。聴いていて飽きない楽曲。楽しい楽曲。そしてツイッターで散々騒いだが「無邪気でfancyなtrickyな」はこちらも2016年ベストリリック大賞にノミネート間違いなし。いやもはやこれが私の中で最優秀賞なのではないだろうか。無邪気でfancyなのは薮くんだよね!?と何度も頭を壁に打ち付けたくなる衝動を必死に抑えながらペンライトを振っていた。

MVでも1番好きなのは問答無用で『Masquerade』。もはや理由を述べるまでもない。
『真剣SUNSHINE』はびっくりするほど曲が好きではなかったがメイキングとジャンQは良かった。「暫定1位」の薮くんの笑顔は本当に拗らせた…。めちゃくちゃ楽しそうに笑う薮くんが可愛い可愛い可愛い。ジャンQは相変わらず薮くん大活躍で嬉しかった。MV権獲得もおめでとう♡裕翔くんに褒められて照れ笑いの薮くんも可愛かったな。暫定1位も裕翔くんの言葉だったし、真剣SUNは本当に裕翔くんありがとうだった。あと両目パチパチウインクも裕翔くんが撮影してくれたやつだ…。ひれ伏す…。
ファンタはダンスがかっこよかったけれど特にここで言及しておきたいことはなし。ギミラは期待が大きかっただけに残念だった。

紙媒体はざっくり言っても良かったなと思う。ツイッターでしつこいくらい言ったが日経エンタの薮くんの紹介文が好き。「常に穏やかで頼れる最年長。本誌の忌憚ない質問にものらりくらりと笑顔でかわしながら、不意に核心をつく一言を落としたりする。」
ビジュも好きなものが多かったなあ。M誌のJ:REALが1番かなあ。グラビア企画だけあって写りがとっても綺麗だった!記憶に新しいもので言えば、W誌(?)のチャラいトナカイ薮くんも可愛かったなあ。何誌か忘れたけどオレンジのカーディガン着て寝っ転がってニコニコしてる薮ちゃんもベスト5にはいるくらい好きな顔だった!(こういうことの詳細を書くためのブログなのに調べるのが面倒くさい)
キャンキャンも良かった。表紙の白ニットが私服だと知った時には相当拗らせた。私は薮くんのプライベートは(ギラギラモードの時は除く)上下スウェットで無駄にデカイソファでひっくり返りながら携帯弄ってる…っていうのが理想(盛大な妄想)なのにプライベートまであんなにかっこいいの…?マヂムリ…。
インタビューで言えば一番大きかったのはやっぱり9年目の自画像かな…。これに関しては長々肯定ブログを書いたくせに後からツイッターでぶつぶつ文句を並べてしまい反省。最初から思ったことを書けばよかった。今更すぎるけど「不完全燃焼」でした。
10周年を迎えるにあたって特集やファンへの感謝のメッセージなどの企画も増えてきて薮くんの声が紙媒体からもたくさん掬い取れて嬉しい。大事な話はちゃんと決めてくれる薮くんだから(但し少し重い)きっと今年はいつも以上にたくさん素敵な言葉を紡いでくれると思う。薮くんの少し小洒落ていて配慮の行き届いた言葉選びにすっとついていくために自分の受け取る力も伸ばしておきたい(重さを深読みしないメンタルも)。

テレビのお仕事については31日に更新したいと思っているから割愛(更新するかわからないけど)。あと2016年の薮くんを語るのに欠かせないワードも同様に割愛。

さあここからが怒涛の自分語り。ますますただの自己満日記。そして私信。きっと大半の人が前半でブラウザバックすること狙いここまで大したこともない面白みも何もない文を並べた。

去年の3月末に長年連れ添った相方が担降りして一人ぼっちになって始めたSNS。閲覧用アカウントは以前から利用していたが月に数回除く程度。アカウントを持って活動していた時期もあったがそのアカウントも3ヶ月で消してしまった。必要無かったのだ。相方がいればそれでよかった。相方が担降りすることを決めてからは「私も担降りしようかな…」が口癖だった。相方には好きにしろと言われ続けちょうど自宅に置いてあった薮くんのグッズや切り抜きが勝手に処分された事もあって潮時かと思っていた。
3月半ば、うじうじして就活にも身が入らない私に相方が言った。「悩むのは好きなんでしょ」なんだその臭い台詞。漫画かよ。「オタク続けなよ」「ツイッター始めなよ」「鍵は付けんなよ。見ててあげるよ。」
いい感じに言いくるめられ始めたツイッター。最初は訳もわからずとりあえずいろんな人と喋ってみていろんな人の価値観に触れて共感したりショックを受けたり…。正直ショックを受けたことの方が多かった。
同担拒否ではないが性格がもともと閉鎖的だから誰かと何かを分かち合いたいとか思ったことがなかった。そして全てを知りたいと思うタイプでもなかった。自分が得たことだけを記録して他は欲張らず。でもツイッターを始めていろんな人と話して情報交換していると、嗚呼私オタ活してるなあと改めて思う。すごく楽しいと思う。めんどくさいこともかなり多いけど楽しい。まだまだ人に甘えてばっかりだけど相方無しでオタク出来てることが嬉しい。相方がいなくて寂しい時もあるけど大切なお友達ができて心強い。
2015年までとはまた違うオタ活をしている気がする。それがいいのか悪いのかわからないけど薮くんが好きな気持ちは変わらないからどうせオタクやるなら楽しみたい。
担歴は十数年、あともう少しで自分の中でアニバーサリーにもなるがSNS歴は1年目。いろんな人が発信する情報を見ていると薮くんのことで知らなかったこともとても多かった。いやむしろ私はなーんにも知らないんだなって思ってしまった。それでもいいと思って選んだ相方とのフタリキリの世界なんだから後悔はしていないけど。まだまだまだまだ勉強中。きっとこれから先も永遠に勉強。これからも謙虚に前向きにSNSと付き合いつつ薮担を楽しみたい!
1年前の今頃担降りしようか毎日悩んでいた私が今こんなに楽しんでオタクを続けているのを知ったらさぞ驚くだろうな。
それと、SNSをやっていて私自身強く感じたこととして、"等身大の言葉を紡ぐ"って案外難しいものだなということ。いろんな人の意見を見ると影響されてしまうことがある。それ自体は悪いことだとは思わないけど自分の考えがあるのに多数派に靡いてしまったり格好の付く考えに寄ってしまうのは良くない。私自身は頑固だから他人の意見に靡くことは滅多にない(共感して意見を改めることはあるが)けれど自由に呟く場ではあっても他人の目に触れるものだと考えると、どうしても借りて来たような文章になってしまうことがある。
今の薮くんも今しかないけれど今の私も今しかないのだから等身大の言葉を大切にしたい。大学生の私にしか感じられないこともあるのではないか。実際デビューの時は私は中学生で、その時ならではの思いがある。きっとデビューがこの年齢だったらまた感じたことも違うだろう。
差し当たって、今の自分のそのままの気持ちを自分の言葉で書き記したくなってブログ更新を試みた。なるほど薄っぺらい。でもこれが今の私なら仕方ない。徐々に実のある人間になれるよう日々精進。

まだ現場について書いてないし他にも記録しておきたいことが残っているが疲れたので一度ここで切り上げる。いやーはてブロって何度も簡単に編集できて便利!このまま放置する可能性もかなり高いが。
1/31にはまともなエントリーを更新したい。これは本気。