読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の真ん中の足跡

今を、一瞬を、見つめ続けるために

湖の淵で底を見下ろす

こんにちは、めいです。
お久しぶりの更新…
先日、7月から始まったライブツアーDEAR.がついに最終公演を迎えました。
なので流れに乗ってこのタイミングで自分のツアー総括を綴りたいと思います。

※今回は薮くんの話<自分語りになりそうです。それでもお付き合いいただける方は是非。薮くんについては書き足りないことがあれば別の形でツイッターなりブログなりに載せようと思います。


今回のツアー、100%満喫できたかというとそうではありませんでした。
自身が就活生であったことやリアルのイベント事が重なってしまったこともあり泣く泣く諦めた公演が多かったです。(大阪初日とゼミ合宿が被ったことは今でも根に持ってる…)

でも今年のツアー、めーちゃくちゃ楽しかった!
そして何かがいつもと違った

内容自体は良くも悪くもいつも通り。
よく言えばHey!Say!JUMPらしいツアー。悪く言えば…今回はやめておこう(笑)
じゃあなんでこんなに楽しかったんだろう?
もちろん毎年楽しいけど今年は特別楽しかった。
薮くんの見せ場が多かったからかな?それは間違いなくある!去年と比べれば差は歴然!真ん中の方でたくさん歌う薮くんが見れてとーっても幸せでした。
でもそれだけじゃない気が…
いや、本当は理由なんて最初からわかってました。
私が1番よーくわかってました。

去年までのツアーとの大きな違い…それは私自身の参戦の仕方でした。(いや知らねえよって感じですよねすみませんww)

実は長年連れ添った相方が担降りしてしまい今回のツアーはこれまでのものと全く違いました。
今までは地元の近くで相方と待ち合わせて開演5分前くらいに会場入りして公演後は一目散にまっすぐ帰路につき池袋でパフェを食べながら反省会がお決まりの流れでした。
でも今年は開演前も後もいろんな人に会ったり初めましての方も一緒にご飯を食べたりして、隣を見れば年上のふてぶてしい伊野尾担ではなく年下の可愛い伊野尾担がいてツアー中は薮くんのイケメン度合いにやられっぱなしでしたが、自分を取り巻く環境の変化にも目を回していました(笑)
今までチケット、ホテル、交通機関の手配を全て相方任せにしていたため恥ずかしながらこの歳で初めて一切を自分で執り行い相方のありがたさが身に沁みました…
信用する人を間違えて嫌な思いをしたり移動中に痛恨のミスを犯し取り返しのつかない悲しい思いをしたりと反省点は多々ありました。
ツアー中にどうしても元相方のことを思い出してしまい寂しくて仕方なくなる時もありました。
マイナスな出来事もたくさんあったけど10周年を思う存分楽しむために与えられた試練だと思うことにしました(笑)
それにその分人との縁がもたらしてくれた楽しいこと、幸せなこともたくさんありました。
それもこれも今年の3月末にツイッターのアカウントを作った故に起こったこと。
手探り状態で始めたアカウントですが今たくさんの人と繋がれていることが幸せです。
"オタク楽しい!"と今までは別角度から感じることができました。

そしてもう1つ、私の参戦スタンスを大きく揺るがしかねない出来事が…。
もうしつけえなわかったよ黙れよ自慢かよって思われそうだけどでもきっとそう思う人はここまで読んでくれてないんじゃないかなって思うんでこのまま続けますと、その出来事とは薮くんからの人生初ファンサです。
十数年応援し続けて公演数もそこそこ入っているはずなのに今まで一度もありませんでした。
「お前逆にすげーな」が元相方の口癖でした(笑)
嫌われてるの?わざとなの?ってくらい私の前を通る時はお尻しか見せてくれない薮くん。体はこっち向いてても目線は遠くを見ている薮くん。
パフェを食べながら「今年もダメだった〜!」って泣くのも恒例。(勝訴だらけの相方はそんな私をニヤニヤしながら見てるだけ)
薮担にその話をすると「ファンサ氷河期あったよね〜」とか「無視するのがファンサみたいなとこあった気がする」とか言われることもしばしばですが、いや、知らねえよ?だって一度ももらったことないもん。氷河期?そんなん万年だわ!永久凍土だわ!(ちょっと何言ってるか自分でもわかんない)って思ってました(笑)
でもそれでも楽しかったし最早そんな薮くんが好きでした。
薮くんが私を見るのと、私が担降りするのどっちが早いかここらで勝負といこうぜ!?くらいの開き直りモードでした(笑)
だから今年も"私を見てくれない薮くん"を見に行ったんです。
でも私の座右の銘(とまではいかないけど)「オタクたるもの強欲であれ」と常日頃から思っているので毎度毎度チラッと希望的観測をしながら所謂ワンチャン席でスタンバイしてしまうのです。
事が起こったのは8/14の1部、アンコールでのスタトロ。私にとってツアー2公演目。
いつも通り声も出さずひたすら薮くんを見つめていたらバチっと目が合いファンサされる。
自分なわけがないと思って周りを見るけど薮担は私だけ(というより私の周り有岡担ばっかりでスタトロに有岡くん来ないから皆座ってたww)でどうやら本当に私は薮くんからファンサをもらってしまったらしい…。
その後も北海道最終公演、横浜3日目2部に見てもらえました。ファンサ団扇を持たない人間なので特別に何をしてもらったとかではないけれど三回ともそれぞれ違うことをしてもらいました。
今年もダメだった〜と泣きながらビールを飲むつもりまんまんだったのに違う意味でアテが外れたと言うかなんて言うか…
私が好きだった私を見てくれない薮くんはもういないんだと思うと寂しさもあったり…
贅沢すぎる悩みだふざけんなと自分でも思うしファンサ貰えるんならこれからもできるだけたくさん貰いたいしそのために強欲になりたいとは思うんだけど、参戦スタイルが変わってまだ自分の中で不安や緊張がとり除けていないのにこんな経験をしてしまったのかと思うと…
基本的に欲深いオタクが大好きです。
薔薇席付近で待ち伏せしているガチオタも好きだしトロッコ前に一斉に化粧を直し始めるオタク(これは今年私もやった♡)も好きです。勝訴の美酒に溺れるオタクも敗訴でヤケ酒に走るオタクも好きです。小さい時から激しめの年上に囲まれて育ったせいかそんなオタク像に憧れを抱いてました(笑)
でも私はそのオタク像に自分を重ねてはいませんでした。
「私は干されオタだから、地味オタだから、モブオタだから」が口癖の私。会場で会っていただいた方はお分かりかと思いますが私は口よりも筆がたつタイプ。ツイートとギャップがあるねっていろんな人に言われました(笑)そうです私とーっても地味なんですww
十数年そんな地味オタとして生きて来た私がグループ結成9年目のコンサートで突然800人のフォロワーさんを抱えたアカウントを所持し、いろんな方にお会いし、大好きな薮くんからファンサまでもらえるオタクになった…この変化は私にとって大きすぎました(笑)

薮くんがだーいすきという気持ちだけでできていた小さな可愛い泉はこの数ヶ月SNSを始めたきっかけで情報量が格段に増えそれに伴い想いも増しちょっとした湖になりました。
表層は薮くんが好きという綺麗な気持ちが溜まっているけど底の方には良席多ステ神ファンサなどの泥まみれの欲が溜まっていることでしょう。現に今まで頑なに薮団扇しか持ってなかった私が次はカンペくらい作ろうかなと思い始めています(笑)
でも今の私はその湖の淵に立って底を覗き込んでいる状態。ダイブする勇気は未だ出ず。
何度でもいうけど私はダイブしているタイプのオタクが好きです(笑)でも自身に置き換えるとピンと来ないだけで。
欲がない私を可愛がってくれたお姉様や執着がない私と一緒にいるのが楽だと言ってくれた元相方のことを思い出します。それに私自身「薮くんが見れればなんでもいいや」って思ってた自分がけっこう好きでした(笑)(そして楽でしたww)
でもやっぱり人間って欲深い生き物ー!一度優しくされちゃうと次も期待しちゃうんだー!私も例に漏れず。
どんなに私は私らしくって言い聞かせても毎公演そわそわしちゃって…そんなスタンスの変化に自分でも戸惑ってます(笑)
元相方のいない寂しさや不安、SNSとの関わり方、参戦スタンスの変化…最近いろんなことを考えすぎて疲れた!よし!私は思いを文章化すると頭の中が整理されるタイプだからブログ書こう!ここまで書いた!え、何も解決してないんだけど!?
えーっと…14:20今この状態でフリーズ。
どうせこの先書いたって解決しないんだからそろそろ締めましょう。
でも文章化したらすこーしスッキリしました。心のもやもやが減った気がする(だけ)。
オタ活できる時間は有限ではあるけれど何も急く必要はないからもうしばらく湖の淵でお散歩を楽しもうかな(これが結論?)

ここまで読んでくれた方、私の自己満にお付き合いいただきありがとうございました。
おかげさまで私は今日からぐっすり寝られそうです(?)

最後に今年の現場で会ってくださった方ありがとうございます。
その中でも同行してくれた方、一緒にご飯を食べてくれた方、本当に楽しくていい思い出になりました。


special thanks *伊野尾担の元相方
あなたがいたから私は今でも強くオタクをやってるんだと思います。大嫌いだけどありがとう。

たぶん、これが言いたくてこのブログ書いたんだろうな。



めいでした。



たった3つの変化でここまで長々と文章書けるんだからきっと卒論もすぐに終わるはず(?)