未来の真ん中の足跡

今を、一瞬を、見つめ続けるために

9年目の自画像のお話。

こんにちは、めいです。


今月のポポロはついに薮ちゃんの9年目の自画像でした!!!
ということで今回は9年目の自画像についてのお話をします。

昨年末の山田さんから始まりついに8人目…
正直ここまで順番がまわってこないんだからトリなのかなって思ってました。
絶対エースから始まりグループの最年長で終わる連載…!素敵!とか思ってたのですがまあそうオタクの思い通りにはいきませんね(笑)
いや、だからってがっかりしたとかではない!!
自担の連載が載る雑誌の発売日までのドキドキは何度経験しても甘酸っぱいし、これからも何度だって経験したい感情です…(笑)


初めに全体的な感想諸々を…


9年目の自画像は人によってとても重かったり、そこまで重くなかったりそれぞれだなって印象を持ってます。
薮ちゃんの自画像は薮担的にはそんなに重くなかったんじゃないかな〜
重いの対義語は軽いだけど、決して軽い訳では一切ないから、重い重くないで評価するのはおかしいかもしれません。
でもロングインタビューと聞くと、どうしても私は某10,000字インタビューを彷彿してしまいがちなので重さを評価基準に組み入れてしまうのかもしれません(笑)


話が脱線しましたが!
もちろん10,000字インタビューとは全く質の異なるもので、涙なくして読めないというものではありませんでしたが、読んでいると自然と背筋がピンと伸びるような気がしました。

なんだろう…
もちろん薮ちゃんが生きてるステージや目指す未来は私のそれとは違うってわかっているのだけど、読み終わった後に自分に照らし合わせて自分を見つめ返したくなったって言うのかな…
薮ちゃんの客観的な視点はファンの視点と重なるところもあるし、なによりも薮ちゃんの設けている"自分ルール"が、アイドルとしての薮宏太へのルールじゃなくて、人間としての薮宏太へのルールだから親しみを感じやすいのかもしれない。
そんな薮宏太を好きになったんだよなあとかしみじみしてみたり(笑)


あ、あとビジュが良すぎて開いた瞬間フリーズしてしまいしばらく文章読めませんでした(笑)
語彙力もないのでブログでビジュについてあんまり言及したくないんですけどとにかく素晴らしかった!(薄い)
あ〜かっこいいよおおおおおお(机バンバンバンバン)
(ビジュについてのペラペラな感想はTwitterでだだ流ししてるのでこの辺で笑)



では、ここから細かく感想を書いていきます。
本文のまとまりごとに書いていきます。


まず、往々にしてロングインタビューというものは新情報は少ないですね。
一問一答形式での近況報告やメンバー同士の対談などの方が新情報は得られます。
なので私はロングインタビューの需要は新情報の有無にはないと思っています。(「語られなかった真実が…!」のような見出しのものは例外ですが)
もちろん新情報はあればあるだけラッキーです。
素早く摘み取ってポケットに入れておくとします。
では、ロングインタビューの需要はどこにあるのか。
これはあくまで私の考えですが、私はロングインタビューの需要は情報の整理だと思っています。
今まで小出しにされてきた情報を整理し解釈し直す機会だと思っています。
もちろん楽しみ方は人それぞれですが、私は今回情報整理のつもりでこの記事を書いてます、ということを伝えたくてまずこの話をしました!



いつも俺はJUMPを客観的に見ているんだ


薮ちゃんのインタビューは細かく見ると話がとっ散らかってることが多い気がします(笑)
最初のトピックからわりと散らかっててブログとして記すには少し難易度が高いです。
そして読んでて不安になることが多いです(笑)
ただ、大筋が通っているから読み終わったあとに安心できるのかな。
「客観的」というスタイルを薮ちゃんが意識していることは過去のインタビューからもわかるし、特にここ最近のテレビ番組を見ていても感じます。


>>薮ちゃんは内面的な意味でも物理的な意味でも視野が広い人だと勝手に思ってる。そのせいか時々ちゃんと話聞いてるの?って思うくらいどこ見てるのかわからない時も多いけど(笑)でも状況把握能力は高いしアンテナを常にはってるんだろうなあ。

読み終えたあとにこれを思い出し僭越ながら自分の過去ツイを引用しました。
こんな風にずっと思っていたのですが、今回のインタビューで薮ちゃん自身が、メンバーの誰よりも「常にアンテナを張って自分たちを客観視してる」と断言してくれました。


「コンサートでも自分がやりたいことと、求められてるもののギャップをどう埋めたらいいか考えている」
この言葉を読んでつい最近の日経エンタを思い出しました。

「僕らを好きになってくれる人たちが増えてるんだとしたら、今後は"やりたいこと"と"求められること"の差を埋めるのが大変になっていくんじゃないかな?」(日経エンタ 2016.7)

6月に発売された情報媒体ではギャップを埋めることはあくまで未来の話だったのに、7/23に発売のこのインタビューでは現在の課題として語られている…!
これはHey!Say!JUMPというグループが今この時に確実に飛躍している証拠だと思いました。
ただ、その飛躍を飛躍として認識してはダメ、自分たちで自分たちを「来てる」と評価したら何かが崩れる気がすると薮ちゃんは語りました。
自分の手柄に執着しない薮ちゃんらしい考えだとも思ったけれど、言葉の裏にはグループとしてのこれからの活躍を見据えている熱さがあるように感じました。



北山、トッツーたちやタッキーに学んだこと


この見出しを見ただけで薮北担の私はトキメキました。
でも今回はちょっと真面目なお話。
最近また北山さんやトッツーのお話を雑誌でたくさんして私を喜ばせてくれていた薮ちゃんですが、よく遊ぶのはただ仲がいいからという理由ではないらしく。
「彼らから見たHey!Say!JUMP、俺から見たKis-My-Ft2A.B.C-Zについての意見交換をする場でもあるんだ。」
あぁ、なんて素敵な関係なんだ…
一緒にふざけるだけじゃなくて真面目な話もできる関係って大切だと思います。
私自身もオタク話に花を咲かせながらも将来の話などの真剣な話もできるような友達に恵まれていることは本当にありがたいことだと思っています。
今まで薮北お食事会は北山くんがひたすら肉を焼き薮ちゃんがひたすらそらを食らう、という絵面を想像してました。
でも北山くんはJUMPへの意見を述べながらひたすら肉を焼いていたのか…やっぱり北山くんはスーパー器用だああ!!(そこじゃない)

このお話だけでも素敵なのにその後の話がもっと素敵。
北山くんやトッツーから聞いた話をそのままメンバーに伝えるのではなく自分の意見としてメンバーに伝えるという薮ちゃん。
「○○がああ言ってたよ〜」なんてことは誰でも無責任に言うことができます。
そこを敢えてそうしない薮宏太が本当に男らしいっ!
自分の言葉で、責任を持って、メンバーに向かっている薮ちゃんの姿勢に感動しました。

滝沢歌舞伎の話もちょろっと。
改めて客観的に物事を見ることの大切さを思い知った機会が滝沢歌舞伎だったんだね。
確かに滝沢歌舞伎以降のインタビューでは以前にも増してそういう発言が増えた気もします。



実は苦手だった投げチューやウィンク


ウィンク苦手なの!?
あんなに上手じゃん!?(憤慨)
って思いましたがたしかにJr.の時から恥ずかしいとか抵抗あるとか言ってたかもしれませんね(笑)
ビジネスだと割り切ってウィンクをしてくれているらしい…薮宏太の左ウィンク大好き芸人なのでこれからもどんどんビジネスしていただきたい…!

「ファンに真摯に向き合う」ために「自分のことを後わまし」にしがちだという薮宏太くん。
ここで語られている"ファン"は"JUMP担"であって"薮担"ではないんだろうな。
俯瞰で捉えることも必要なんだろうけど、たまには自分のことと自分のファンのことだけ考えてくれたら嬉しいなあと思い少し寂しくなりました(笑)
自分のことを5段階評価の3と評す薮ちゃんだけど、薮担にとったらオール5あげたいくらいだからね!?と声を大にして町中叫び歩きたい!!!
ただ自分のことを「なんでもそつなくこなしすぎる」と思っている薮ちゃんにはギュンっときました(笑)
ファンに散々不器用とかポンコツとか言われてるのに本人はなんでもそつなくこなしすぎてると思ってるのか!!!そうなのか!!!ギュンっ!!!!



プライベートで大事な自分ルールを守ること


後半戦にはいろんな角度から攻撃されたような気がします(笑)
話散らかり過ぎ!!(笑)

薮ちゃん曰く完全なオフな時間は家族といる時間か、家で1人でいるときぐらいらしいです。
メンバーとプライベートで遊ぶ時は完全なオフとは言えないみたいです。
そして突然北山くんの話が出て薮北担はまたドキドキ。
でも北山くんの意見すごく共感しました。
私も1人になると途端に先のこととかばっかり考え始めてしまいます。

そしてまたまた突然今度は薮ちゃんの経済観念のお話。
しかもその前置きが「ふだんは、あんまり考え事をしないんだけど」。
いや、前半散々物事を客観的に捉えて考えていきたい的な話してるのに考え事はしないんだ…
考え込まないタイプってことは過去インタビューで知ってるけど、同じインタビューの中でこの一面を出してくるとは思いませんでした(笑)

薮ちゃんはお仕事に繋がらない贅沢はしないんですね。
高価な物は身につけない。
でもご飯や交際費は惜しまない。
いや、それってただファッションに終着がないだけじゃなくて!?(笑)
っていう解釈は置いといて、それが薮ちゃんのお金を遣う上での自分ルール。
自分磨きには惜しまない、みたいなアイドルっぽいルールじゃなくて薮宏太という1人の人間としてのルールって感じがして勝手に親近感を持ってしまいました。

考え事はあまりしないという前置きに繋がっているのかはわからないけど(多分本人は無自覚)ストレスを溜め込まない性格だという薮宏太氏。
薮ちゃんだけじゃなくてもアイドルがそう言ってくれるってすこし安心するなって私は思います。
想像でしか語れないけどきっとものすごいストレス社会で生きてるアイドル本人がストレスあんまり溜まらないって言ってくれるのはよかった…って思います。

そして最後に突然女性関連の話。
直前に「普通の人が普通にやってることを自由にできないことがある」的な話をしていたけど、私はこれは友達と堂々と遊びに行ったりできないって意味だとまったりした見解で読んでました(笑)
でもきっと薮ちゃんの中ではこの話の時点で女性関連の話してたんですね(笑)
いや、そうだとするとストレスを溜めないって話も「自由に恋愛できないことはストレスにならない」って解釈も生まれるな…
それも含めて全てにおいてストレスが溜まりにくいのかな…なんて穏やかなんだ…(もやもや)(もやもや?)

最後の5行で自身の現在の結婚願望を完全否定。
うーん、ここも変わらずですね。
○○歳くらいで結婚したいな〜っていう薮ちゃんの発言を正規の情報媒体から聞ける日を楽しみにしてる私がこそっといます…!



今をしっかり生きれば明るい未来があるはず


将来は両親と暮らしたいという薮ちゃん。
両親と暮らすって素敵だねうんうん、え?兄弟も?全世帯!?何人で住むの!?個々の生活は別!?
薮ちゃんは将来どんな大豪邸を建てるつもりなんですか…
郊外の森の中にひっそりと、でも異質な空気を放って聳え立つ洋館"薮邸"とか軽率に妄想してしまいました…(イメージリソースはセカオワハウス)

お仕事に関する今後の展望はやっぱりサッカーのこと。
でも今回のインタビューでは"サッカー"っていう言葉は使ってませんでした。
"スポーツ"のお仕事。
最近は野球のお話もちょいちょいしてる薮ちゃん。
そっか〜スポーツ全般を語れる男になりたいのか〜くうううううっ!!!
そのためにたくさんお勉強してるという薮ちゃん。
スポーツだけじゃなくて時事問題についてもお勉強してるという薮ちゃん。
ニュース番組や情報番組のスポーツコーナーの週替わりキャスターとかどうでしょうか…!!
嗚呼、そんな未来想像するだけで震えて眠れません(下書き執筆中午前2時)

最後にグループの未来像について。
あんまり明確なビジョンは語ってませんでした。
最後のトピックでしたがこれといった感想は…(笑)
中年太りっていうワードに薮ちゃん気をつけてねっ!と思ったくらいで(笑)
未来を見るというよりも今をしっかり生きたいと考える薮ちゃんが素敵だと思ったので今を応援しようと思いました。
そして私自身も今を大切に生きたいなと思いました。


っていう月並みな締めになってしまった!(笑)




はぁ、また長々書いてしまった…


ここまで読んでくださりありがとうございます。
次回はまたかるーいゆるーい記事を挟もうと思います(笑)




では最後に

8ヶ月待った薮ちゃんの9年目の自画像を読み終えて、楽しみが1つ終わった…というより未来がより楽しみになりました!!
JUMP担の、そして薮担の未来に楽しみがたくさん転がっている気がして幸せです。
胸のトキメキメリーゴーランドがマッハ20で大回転してます!!


これからも毎日楽しく薮担ができそうです♡





めいでした。







まばゆい光を差しこむこの太陽
宏い世界へと 翔び立つぼくらは
未来には何があるか分からないけどきっと
光があるから 信じて生きる




.

EURO直前スペシャルのお話。

こんにちは、めいです。

今回は6/10(金)23:00-翌3:00に生放送された『UEFA EURO 2016TM サッカー欧州選手権 いよいよ開幕! オールナイト生放送 24カ国徹底紹介! ユー(ロ)の推し国を探せ!波乱と革命直前スペシャル 』(長い…以下、ユーロ直前SP)の記録をしたいと思います。

前回のチカラウタのお話はかなりながーくおもーくなってしまったので今回はさらっと簡潔に!を目指します(笑)

まず、最初に言っておきます。私はサッカーにはあまり詳しくないので変に語ってサッカー好きの方の気持ちを害したくないので100%薮ちゃんに振り切った論を展開します(笑)

前回のクラシコから約2ヶ月…
絶対またお仕事くるだろうなって勝手に信じてたけどまさか2ヶ月で2回目のお仕事が来るなんて(;_;)
「爪痕を残したはず」が「爪痕を残した」の確証に変わりました。
本当におめでとう。

前回はスペシャルゲストのような扱いで紹介されながら登場した薮ちゃん。
今回は板付でした!いつめん感があってオタクは嬉しかったよ…!

もうオープニングからにこにこにこにこしててそれを見てるこっちは終始にやにやにやにや()
あ、ハッシュタグツイートを載せていただきました!
自分のツイートが一瞬だけど薮ちゃんと共演してて嬉しかったです。
っていう無駄話はここら辺で切り上げて。

短くまとめるためにも今回はクイズコーナーにフォーカスした記録にします。

コーナー名は「ユーロ QUIZ アタッタ24」
あれ〜なんか聞いたことあるぞ〜?ざわざわ

チーム分けは
赤チーム 奥寺康彦さん、杉山セリナさん
青チーム 佐々木則夫監督、アンタッチャブル柴田さん
緑チーム 薮ちゃん、ヒデさん
ヒデさんとのペア嬉しや〜♡

4時間の生放送でこのコーナーは一部と二部合わせて25分弱でした。
でもこの25分の中に薮ちゃんの魅力が満載すぎて泡吹いてます。

個人的に「うわあ、薮宏太だあああ、ああもうこれだから薮宏太…」ってなった部分を抜粋して記録します。

Q.スペインの国家の特徴は?
A.歌詞がない

この問題。映ってはなかったけど薮ちゃんが「他民族国家だからじゃない?いろんな言語が混ざりあってる…」ってボソッと言ったのを聞き逃しませんでしたよ。
もうこういう背景知識を持ってるところが素敵。
そうだねスペインは他民族国家だね。
公用語としてはカスティーリャ語が主だけど州ごとの結束が強くて方言も色濃く存在しててるね(by ヨーロッパ某国専攻現役大学生めい)

ウェールズのベイル選手のポーズの問題は新手のファンサのようでした…
カメラ目線でハートマークを作ってくれた薮ちゃん…
手眼鏡が上手にできないところも可愛かった…
はい!って同時に手を挙げた杉山さんにどうぞどうぞと解答権を譲るところも素敵でした…

フランスのポグバ選手に関する問題では薮ちゃんのサカオタぶりが炸裂してました。
難しい問題ですって前置きされた問題に「すいません、僕わかります…」と遠慮気味に手を挙げる薮宏太君。
見事に正解する薮宏太君。
「薮くんが基本答えて答えられなかった時僕らが答えるみたいになってる(笑)すごいな〜」とヒデさんに言われる薮宏太君。
「申し訳ありません(笑)」と照れつつも遠慮する薮宏太君。
あーもー薮宏太おーまい薮宏太

チェコの問題も個人的にグッときました(笑)
薮ちゃんの解答がいいヒントになって奥寺さんが正解した問題。
掻っ攫われたね〜という周りに対して「フィリッポインザーギみたいにね」とニッコニコのお顔で言う薮ちゃん。
でました薮ちゃんが大好きなインザーギ
ちょっとしたところに挟んでくるあたりに本当に好きなんだなあって思いました。


クイズコーナー以外にも書きたいことはまだまだありますが(フリップを逆さに出しちゃったこととか、佐々木監督と楽しそうに話してたこととかもごもご…)簡潔にまとめると宣言したのでこのくらいにしておきます!

ほんとにクイズコーナーだけでDVDを出してもいいんじゃないか!?と思えるくらい薮ちゃんの魅力が満載でした(激甘)

今回は軽いノリで書こうと思ってたのでペラペラ明るく甘口で書いてみました!

最後に

今更だけど4時間の長丁場本当にお疲れ様でした!
欧州サッカーはまだまだ勉強中なので出場国の選手や名場面を少しでも知ることができて面白かったです。
薮ちゃんが出てなかったら見てなかったのは事実なので大口は叩けませんが、薮ちゃん抜きにしても見応えのある番組だと思いました
ハッシュタグを使ってサカオタさんに混じって何回かツイートさせていただきました。
いいねをくれた方もいて、サカオタさんにも感謝の気持ちがたくさんあります。
2回目の出演ということもあってクラシコに比べても最初からリラックスしてやや早口で(笑)喋っていてような気がします。
前回と変わらなかったことは、サッカーの話をする薮ちゃんの顔は本当にキラキラしていて幸せそうだったことです。
また、大きな大会がある時にはこうやってお仕事が来ればいいなと思います。
いつか「開催国から薮宏太さんの中継が繋がってます」なんて日が来ればいいなって本気で思ってます。


めいでした。




Hurray! Hurray! The wind is up and blowing free on our native home.
Cheers! Cheers! The sun is up and shining bright on our native home.


(欧州サッカーの記事なのに思いっきり日本の応援歌でごめんなさい笑 好きなんです笑)


.

チカラウタのお話。

こんにちは、めいです。

2回目の更新は宣言通り先日のチカラウタのことをお話ししたいなって思います。

私の住んでる地域では5/1に1回目の放送、5/8に2回目の放送がありました。
今回は一回目の放送の話をします。

※ただいま絶賛就活中のため全体的に多少雑になってしまった気もしますが大目にみてやってください(笑)

4/24に次回予告を見て以来、心臓の音が聞こえるくらい毎日ドキドキしていました。
早く見たいという気持ちと、見たくないという気持ちがありました。
見たくないと思ったのは怖かったからです。
今まで散々薮ちゃんの葛藤や苦悩をインタビューなどから汲み取って勝手に想像しては悩んだり、涙したりしていました。
今まで想像することしかできなかった真実を本人の口から聞くということに恐怖を感じてしまいました。
見たくないって言うより、見られないと思いました。
そんな悶々とした思いを抱えたまま過ごした一週間は苦しかったです(笑)

そうして5/1、17時、私は覚悟を決めてテレビに向かいました。

細かい話をする前に全体的な感想から書きます。
初めて見た直後の感想です。

まず、絶対泣くと思っていましたが泣きませんでした。
次回予告を見て想像していたほど重い内容ではなかったので泣かなかったのだと思います。
目ぼしい新情報も特にありませんでした。
トークの内容もほとんど過去のインタビューなどで読んだ覚えがあるものでした。
特に前半は結成当時の話がメインだったので10,000字インタビューを思い出した人が多いのでは?と思いました。(多少の矛盾はありましたが)
そして肝心のチカラウタですが、こちらも予想内。
薮ちゃんがBUMP好きなことは有名ですね。
才能人応援歌、私も一時期ずっと聴いてました。
この曲が収録されているアルバム『orbital period』は2007年の12月、つまりデビューの数ヶ月後に発売されたものです。
歌詞についての考察は後に書くとして、もしかしたらこの曲を薮ちゃんと同じ時期にリピートしまくってたんじゃないかと思うと胸熱でした。
まあそんな嬉しい妄想は置いといて、2007年発売のBUMPのアルバムからの選曲ということで、意外性はゼロでした。

ここまで読むと、まるで期待外れだったかのようですが、全くそんなことありません!
表面的に得るものは少なくても考えさせられるものは非常に多かったです。
番組スタッフさんにも、慶ちゃんにも、そしてもちろん薮ちゃんにも大感謝でした。

ここから細かい話をしていきます。

最初のトークは24時間TVの話題から始まりましたね。
お馴染みのグループメールのお話。
「俺も大好きだぞ」って嬉しそうに思い出話する薮ちゃんの笑顔満点です大好きです。


7年目でやっと掴んだデビューの夢
しかしそこで気づかされたのは
自分には飛び抜けた才能が
何一つないということ
…その時 鳴ったチカラウタ

薮ちゃんのチカラウタの話しはこの言葉から始まりました。

まずJr.時代の話をちょろっと。
小学6年生でジャニーズに入った薮ちゃんは割とすぐにマイクを持つポジションになりました。テロップにもあったように(お仕事的には)順風満帆なJr.時代です。
予告にも使われていた『ぶっちゃけジャニーズやめようかな』は、デビューできなかったらっていう話だったんですね。
デビュー後の話かと思って心配してたから少し安心しました。
デビュー前についてもいろいろ話したいことはあるけれど今回はデビュー後が番組の本筋だからそれはまた別の機会に…

そしてデビュー時について。
こちらもお馴染みのバレーボールのお話。
ジャニーさんにみんなの名前が書いてある紙を見せられたっていう有名なお話を割愛して、ワゴン車で初めて会ったって言ってましたね。
まあそこはサラッと流します。

「いきなり僕そのグループで最年長を務めることになってやばいなあと」
「リーダーはHey!Say!JUMPは作ってないんです」
「リーダーいないのに僕がそのリーダー的役割を最年長なので、そこでいきなりしなきゃいけないってのにすごくもどかしい気持ちで」

私は今でも考えてしまう時があります。
リーダーという肩書きがあったほうが薮ちゃんはやりやすかったんじゃないかなって。
肩書きには責任がつきものですが、その分立場や存在意義を確立してくれるものです。
もちろん肩書きだけで中身が伴わない場合は論外ですが、実際薮ちゃんは最年長としてリーダー的な役割を引き受けました。
おかずクラブのゆいPが「だったらリーダーって言ってもらったほうがいいなあ」と呟いていますが、私もそう思う時がありました。
でも、デビュー当時薮ちゃんもまだ高校3年生。末っ子気質なのに9人の年下、後輩とグループ結成。
リーダーという肩書きがついてしまうと責任感が更に増して薮ちゃんはもっと苦しんだのかなと思います。
また、今のJUMPを見ていて、リーダーがいないってところが上手く活きているのかなとも思います。
結局はどっちが良かったかなんてわからないし、選ばれなかった選択肢にあれこれ言っても仕方ないことです。
でも私は今でも考えてしまうし、きっとこれからもデビュー当時のことを思う時には考えてしまうのだろうなと思います。

そして立ち位置の話。
Jr.でセンターを務めていた自分とひかるくんの立ち位置が端になったこと。
慶ちゃんもびっくりしたって言ってました。
きっと他の先輩もびっくりしたんじゃないかな。

「デビュー決まったのに端…悪いことではないけど…葛藤がありました」

某インタビューではあたかもすぐ受け入れたかのように語っていたので"葛藤があった"って言ってくれたことが嬉しかったです。
どんなに大人になっても薮ちゃんの中には絶対負けず嫌いな薮ちゃんがまだいるって信じてるショタ薮担を救いました(笑)

「自分は飛び抜けて歌がうまいわけでもなく、ダンスができるわけでもなく、めちゃめちゃ演技ができるとかそういうのがなくて悩んでた時期があったんです」

波紋を呼んだ発言だと思います。
才能人応援歌の歌詞を借りると、薮ちゃんは歌もダンスも演技も『得意なこと』つまり特技ではないと言っています。
放送直後、「薮くんには歌っていう特技があるよ!」「薮くんの美声は武器だよ!」などのツイートをよくTwitterで目にしました。
上手いか下手かは「評価」なので客観的に判断できます。
でも特技が特技でないかは、主観的なものなので薮ちゃんが特技でないと言うならば特技ではないのだと思います。
私も薮ちゃんの歌声が大好きです。
でも薮ちゃんはファンが自分の歌をどう評価しようと歌は自分の特技ではないと言っています。
もっと歌詞に即して言えば、自分よりも歌が上手いメンバーがいるから自分にとって歌は特技ではなくなった、という事でしょうか。
そう考えると少し寂しいような気もしますが薮ちゃんがそう言うなら仕方ないです。
でも寂しいです(笑)

「グループでの立ち位置はどうしよう」
「なんで僕このグループにいるんだろう」

こんなこと思ってたんだね薮ちゃん。
立ち位置…ポジションの意味だけではなくグループ内での存在意義という意味でしょう。
このことから、(前の話に繋げて考察すると)薮ちゃんにとってリーダー役はあくまでグループ運営のために自分に与えられた役割であって、存在意義ではなかったんだなと思いました。

『得意な事があった事 今じゃもう忘れてるのは
それを自分より 得意な誰かが居たから』

「自分には突出した才能はないけど、グループの潤滑油的な役割になれたらなって思えるきっかけを作ってくれた曲」

正直、この歌詞を聴いてこんな考え方ができる薮宏太の感性と思考力には驚きました。
単純に、すごいな、と思いました。
やっぱり私には到底推しはかりきれない魅力がまだ無限大にあるんだろうなって思いました。
"潤滑油"という言葉はほんとに薮ちゃんらしいなと思いました。
10,000字インタビューを読めば潤滑油としての薮ちゃんの活躍をいくつかまとめて知ることができます(オススメ)

そして流れる薮ちゃんのチカラウタ、才能人応援歌。
薮ちゃんの真剣な表情にも潤んだ瞳にも胸が熱くなりました。
考え事をすると口を触る癖がある薮ちゃん。
ちょっと触りすぎじゃないかなって心配になりました(笑)

「もし僕がJUMPの中からいなくなったって、気付かない人がいるかもしれない。そういうことにリンクしてこの曲の歌詞の部分を聴くと何クソ!っていう気持ちに(なる)」

曲が終わってのコメント。
ここも予告で使われてました。
TLが大騒ぎになったことが懐かしい(笑)
私たちファンからしたら薮ちゃんがJUMPからいなくなることは一大事だけど世間一般の人からしたら本当に気付かない人はいるかもしれません。
「そういうことにリンクする歌詞の部分」と聞いて私が思い浮かべたのは2番の
『痛いって程解ってた 自分のためのあなたじゃない
問題無いでしょう 一人くらい 消えたって』
この部分かと考えます。
1番にも似たような歌詞がありますが2番の方がより直接的だと思います。
余談ですが最近びっくりしたことは、今の高校生以下からの薮ちゃんの知名度です。
私たちの世代だとジャニーズ好きじゃなくても薮ちゃんの存在を知ってる人が多いです。
中高生のツイートを見ててジェネレーションギャップにびっくりしてしまいました。
話を本筋に戻すと、気付かない人がいるかもしれないという薮ちゃんの見解は正しいと思うし、そうならないためにもこれからたくさん露出の機会が増えて、いろんな人に薮ちゃんの魅力が伝わればいいなと思いました。
ファンも含めた自分の周りの人間は必ずしも常に自分のために存在するとは限らない、10人もいるのだから1人くらい抜けてもグループは変わらず動いていくんだろうなって思ったのかな。
でも"何クソ!と思う"ということは薮ちゃんだってやってやるって思ってくれてるんだと思います。
見届けたいです。応援し続けたいです。

たくさんの葛藤を抱えた中でいつ吹っ切れたのか?という質問に対して"横一列で見れる関係になれた時"と答えた薮ちゃん。
私たちファンには押され方がどうのこうと文句を言う人もいるし、言いたくなる気持ちもわかるけど、当の本人達は、少なくとも薮ちゃんは、自分たちの今の関係性を"横並び"だと認識してることが知れてよかったです。

「嫉妬心みたいのはないんです。グループに持って帰ってきてくれればいいなって。」

メンバーに仕事が決まっていくのを見てるときに嫉妬はないのか?っていう質問に対する答え。
ほんとに薮ちゃんって…
末っ子として育って、先輩に可愛がられながらJr.時代過ごして、でもYaでは一応真ん中で、デビューしていきなり最年長…
いろんな立場を経験した薮ちゃんだからこそその考え方には奥行きがあるんじゃないかなって思っていて尊敬してます。

で、最後はグループ名のお話。
Hey!Say!JUMPって最初に聞いたときは「ジャニーさん頼むよ〜」って思った薮ちゃん。
声がちょっと裏返りながらふにゃっと笑う薮ちゃんが大好きです。

メンバーとのエピから始まってグループ名の話で終わった薮ちゃんのトーク。
思えば薮ちゃんの最高の笑顔で始まり最高の笑顔で終わりました。
慶ちゃんのおかげだな〜って思いました。
素敵な先輩後輩の話が聞けてとてもよかったです。

勝手にいろいろ分析し語ってみましたが、何よりも今回のような番組に出演したこと自体にとても意味があると思っています。
冠番組は時間帯的にもジャンプに興味がある人が主な視聴者だと思います。
でも、チカラウタは日曜日の17:00という時間帯的にも番組の内容的にもファン以外の人がたくさん見る番組だと思います。
そんな番組に1人で出て、当時の葛藤やそれを乗り越えた今のスタンスを堂々と語った薮ちゃん。
薮ちゃんらしさや、薮ちゃんのまだ計り知れない無限大の魅力がいっぱい詰まった放送だったと思ってます(甘々フィルターかもしれないけど)。
地上波に乗ってまだ薮ちゃんのことをよく知らない人に届いてればいいなと思いました。
いや、見た人には届いたはず!!!
きっと薮ちゃんも今回の放送で何かを「グループに持って帰る」ことができたんじゃないかなって願ってるし思ってます。

ところで、才能人応援歌の1番の歌い出しは
『得意なことがあったこと〜』
ですが、2番の歌い出しは
『大切な夢があったこと〜』
です。

薮ちゃんにとって大切な夢とはなんなんだろうなー
今も何か大切な夢はあるのかな?
あればいいな

薮ちゃんは薮ちゃんであって
薮ちゃんが得意と思えること、
薮ちゃんが大切だと思える夢が
いつまでもあればいいなって思います。

できればそれをいつまでも応援したいです。


最後に、今回のチカラウタでいろいろな話をしてくれた薮ちゃんにお疲れ様でしたという言葉とたくさんのありがとうを伝えたいです。


長々書いてしまいすみません(笑)
読んでくれてありがとうございました!



めいでした。



世界のための自分じゃない
誰かのための自分じゃない
得意な事があった事 大切な夢があった事
僕らは皆解ってた 自分のために歌われた唄など無い
問題無いでしょう


.

ブログを始めるお話。



こんにちは、めいです。


この度ブログを始めました。

ゆるっと自分らしく更新していければいいなあって思ってます。


初投稿、ということで今回は

ブログ開設の理由とこれからの更新にあたっての自分のスタンスについてお話ししたいなって思います。


※今回は薮くんの話ではありません。自分語りなので興味のない方はスルーしてください。


まず、ブログ開設にいたった理由について。


私は今年の3月末にTwitterでJUMPアカウントを作りました。

今までに何回か似たようなアカウントを作ったことがあります。

でもすぐに辞めてしまいました。

理由は、日々新しい情報に溢れるSNSの中で情報にキャッチアップすることに精一杯になりすぎて自分のペースでヲタ活をすることができなくなってしまったからです。

意志の弱い私はすぐにいろいろな情報や意見に流されてしまい、そんな自分が嫌で辞めてしまいました。

でも今の年齢になってようやく周りに流されずに自分のペースでいられるようになりました。

そうして、今私はおかげ様で楽しいSNSライフを送ってます(笑)


薮くんのインタビュー、コメントなどから感じ取ったことを素直にTwitterに書いていました。

でもTwitterは記録媒体としては不十分だなと最近感じ始めました。

まず140字じゃ薮くんへの思いを語りきれない!

そして、その瞬間瞬間の薮くんを、自分の気持ちを忘れたくなくてもどうしても埋まってしまう…

そうならないために…ブログを書くのはいいんじゃないか?

と、軽率に思いついたためこの度開設いたしました。


ここまで読んでいただいて御察しの通り、とても拙い思考、そして文章力で更新していくと思います…


基本的に自由に更新していくつもりですが、1つだけ大切にしたいと思ってることがあります。


それは「今」を大切にしたいということです。

過去のことをあげたらきりがありません。

もちろん必要な時には過去を振り返ることもあると思いますが、できるだけ今と未来を見つめた話の展開をしたいと思います。


これは懐古厨になりがちな自分への忠告です(笑)


薮くんの今を、一瞬一瞬を、忘れたくない。

その時の自分の気持ちも忘れたくない。


そんな思いを大切にこれからブログを更新していきます。



私もゆるっと書くので、読んでくれる方もゆるっと読んでこんな考え方の奴もいるんだな〜って思ってくれたら嬉しいです。




初回から長々書いてしまいました。


次回は散々Twitterでしたいと言っていたチカラウタの話をするつもりです。


ここまで読んでくださりありがとうございました。


めいでした。







未来の真ん中に足跡残すのさ

愛の花が咲く場所へ




.